TOP > スポンサー広告 > title - 熟年離婚を回避する方法その4TOP > 熟年離婚 > title - 熟年離婚を回避する方法その4

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告


奥さんと過ごす時間を設ける

奥さんに、大切にされていると思わせるためには、二人の時間を設けることが必要です。

今さら、言うまでもないですね。夫婦で過ごす時間は、結婚して何年たっても、何十年たっても必要なものです。

そんなことは常識だ、自分はちゃんと妻との時間を大切にしているぞ、そういう反論が聞こえてきそうです。

しかし、ただ単に二人で過ごす時間を設けるだけでは不十分です。

大切なのは、いかに濃い内容の時間を過ごすかということ。

たとえどんなに一緒の時間を過ごしたとしても、会話のほとんどない時間を過ごしたのであれば、何の意味もありません。

それどころか、悪い印象を与えて、逆効果になってしまいます。

要は、奥さんに、あなたが二人の時間を大切にしていることをわかってもらうこと。

そのために、まずは会話のある時間の過ごし方を試してみてはいかがでしょうか。

会話の大切さは、言うまでもありませんね。

そのときに大切なのは、あなたが聞き手に徹すること。

自分のことばかり話すのではなく、奥さんの話を聞くことに専念することが重要です。

退職前でも、これは毎日の夜の時間にできそうですね。

仕事が忙しくてなかなか時間が取れなくても、数十分ぐらいなら何とかなるでしょう。

もちろん、定年退職した後であれば、時間は何とでもなります。

また、休日にはなるべく一緒に出かけるようにしてはいかがでしょうか。

近所を少し散歩するだけでも構いません。

奥さんのお買い物に付き合うというのもいいですね。

そのときにもやはり、なるべく会話をすることが大切です。

奥さんが日ごろ考えていることを、聞いてあげるのです。

そうすれば、奥さんは大切にされていると感じるのではないでしょうか。

少し照れくさいですが、手をつなぐというのもありです。

中高年のカップルが手をつないで歩いていると、見る人は微笑ましく感じるものです。

会話のある時間、これが大切です。

奥さんが考えていることが分かり、一石二鳥にもなります。

スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | 熟年離婚

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

MENU

検索フォーム

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。