FC2ブログ
TOP > スポンサー広告 > title - 熟年離婚を回避する方法その3TOP > 熟年離婚 > title - 熟年離婚を回避する方法その3

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告


奥さんの「乙女心」を受け止める

「乙女心」と聞くと、笑う方がいるかもしれません。

あるいは、怒る人がいるかもしれません。

妻に乙女心とは何事だ。ちゃんちゃらおかしい。

あなたも、そう思っているのではないですか?

しかし、あなたの奥さんには、確かに乙女心があるのです。

たとえ、何歳になっても。

それこそ、80歳や90歳になっても、女性は乙女心というものを失わないものなのです。

信じられませんか?

では、ご自身のことを振り返ってみてください。

あなたのメンタリティはどんなものですか?

年齢相応のメンタリティをしていますか?

50歳なら50歳なりの、60歳なら60歳なりの内面を保っていますか?

それとも、若い頃の気持ちとあまり変わっていませんか?

つまり、今でも自分を若者だと思っていませんか?

人は若い頃から、メンタリティはほとんど変わらないものです。

どんなに年をとっても、内面は若い頃とあまり違いはありません。

せいぜいが学生時代の頃と同じメンタリティを保ち続けているのです。

若い頃と同じように感じ、考えていませんか?

だとしたら、奥さんも同じなのです。

奥さんもまた、若い頃のメンタリティを保ち続けているのです。

妻として家事などをこなし、母として子供を育て、数十年を過ごす。

でも、心の中は若い頃とほとんど違っていないのです。

つまり、若い頃の乙女心を保ち続けている、ということです。

若い女性と同じように、若い女性として扱われたい、愛されたいという気持ちがあるのです。

奥さんをよく見守って、そんな兆候をつかまえることが大切です。

何でもない時に、ふっと思い立って花束を買って帰る。

驚きとともに、奥さんは非常に喜ぶものです。

もちろん、花束以外のものでも構いません。

奥さんの乙女心を刺激し、受け止める方策を、ぜひとも考え、実行に移してください。

スポンサーサイト

| コメント(0) | トラックバック(0) | 熟年離婚

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

MENU

検索フォーム

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。